本文へスキップ
りょうクリニックは、マンモグラフィ検診や乳がんの”診断から治療”まで質の高い”専門的な医療”を毎日提供しています。                        

ご予約・お問い合わせはTEL.072-696-3010

〒569-0824 大阪府高槻市川添2-2-21

      サイトマップ

治療方針policy&FAQ

治療方針

flower

 当院の特徴は、乳腺専門医の院長が専門外来を毎日していることです。乳がん検診とその精密検査、乳腺がんの診断から治療まで、質の高い医療をわざわざ他の施設に行っていただかなくても、院長が一貫して提供出来ることが当院の最大の特徴です。
 
 当院は大病院と違い小回りがききますので、受診された当日にマンモグラフィ(予約制)、超音波検査、穿刺吸引細胞診まで乳腺疾患の診断に必要な検査を全て行うことも可能です。ただし、細胞診の結果は、直近の火曜日か木曜日にお知らせすることなります。
 
 乳がんや良性乳腺疾患で、日帰り手術や、入院が必要な全身麻酔による手術の場合には藍野病院に入院して頂いて院長が手術を行っています。
 
 院長以外の当院のスタッフは放射線技師を含め全員が女性ですので安心してご来院ください。

診療の流れについて

  1. 問診

    乳房にいつ頃からどんな症状があるのか、生理周期や診察に対してのご希望などをお伺いし問診票に記入していただきます。             初めてご来院の方へ:ご自宅でゆっくり書いていただけるように問診票をご用意しました。ダウンロードしてご利用ください。問診票へのリンク
  2. 視触診

    乳房のひきつれ、皮膚表面の変化、乳頭のへこみやただれなどを診てチェックし、乳房や腋の下を診察して、しこりの有無とその性状、乳頭からの分泌液の有無などを調べます。(状況により画像検査の後にすることもあります) 乳がんの症状
  3. 画像診断

    マンモグラフィ超音波検査(エコー) どちらも長所短所がありますが、お互いの弱点を補うことが出来る検査ですので、両方の検査を受けることをおすすめします。
  4. 今後の計画立案

    視触診・画像診断に異常が無ければ定期的にフォローします。視触診や画像診断でがんが疑われたり、がんとの鑑別が難しい場合はしこりに直接細い針を刺して吸引採取した細胞や(穿刺吸引細胞診)、乳頭からの分泌液を顕微鏡で観察したり(細胞診)、太い針を用いて吸引式乳房組織生検で組織を取って染色し顕微鏡で観察し病変が良性か悪性かの最終判断を行います(組織診)。

FAQ よくあるお問い合わせ

工事中


診療時間:
午前:9時~12時
午後:4時半~7時
水曜日午後:手術 土曜日午後:休診
日曜日.祝日休診
受付時間:開始15分前~終了15分前

〒569-0824 高槻市川添2丁目2-21
アクセス
アクセス

*下記医療機関と診療連携を結んでいます。入院や精密検査が必要な際は、適切なタイミングで紹介が可能です。
紹介先・連携病院

大阪医科大学附属病院
藍野病院
北摂総合病院
大阪府立成人病センター
大阪大学医学部附属病院
高槻病院
高槻赤十字病院
第一東和会病院

りょうクリニック